• TOP > 
  • 整形外科

整形外科のご紹介

アオト動物病院では、最新の設備機器を導入して、骨折や膝蓋骨脱臼などの整形外科治療・手術を行っています。

このような治療・手術に対応します

橈尺骨骨折整復 膝蓋骨脱臼整復 前十字靭帯断裂整復
(TTA、TPLO)
骨盤骨折整復 膝蓋靭帯再建 断尾術
大腿骨頭切除 脛骨粗面骨折外固定 脛骨遠位斜骨折外固定
断脚手術 骨癒合不全 大腿骨骨折整復

【特に多い症例について】

橈尺骨骨折

橈尺骨骨折

ソファーやイス、抱っこされた状態から落下するなどして、前肢の橈尺骨を骨折するケースがあります。トイプードルやチワワ、ポメラニアンなどの小型犬やイタリアン・グレーハウンドなどの骨が細い犬種によくみられる骨折です。プレート固定法やピンニング法、創外固定法など、症例に合わせた治療法を選択します。当院は、従来のプレート法よりも強固で安定性のあるインターロッキングシステムのSOP、LCPによる治療にも対応しています。

膝蓋骨脱臼

先天性や外傷性により、膝蓋骨が内側や外側に脱臼します。脱臼の程度は、グレード1~4に分類され、軽度のものではスキップ様歩行がみられたり、重度のものでは後肢を挙上して地面に着けなくなったりします。滑車形成術や脛骨粗面転移術などの骨組織の再建術、筋膜を縫い縮めたり縫合糸で内旋を制動させたりする軟部組織の再建術を組み合わせて治療します。

前十字靭帯断裂

前十字靭帯断裂

ボール遊びや走行中の急な方向転換による膝関節の過度の伸展が原因で起こる急性断裂と、加齢や免疫介在性疾患などの全身性疾患により起こる慢性断裂(肥満犬に多い)があります。関節内固定法や関節外固定法、矯正骨切り術など、症例に合わせて治療法を決定します。当院では、特殊な器具を必要とする脛骨高平部水平化骨切術(TPLO)による治療が可能です。

症例紹介

TPLO

創外固定

骨折

骨折

眼科治療のご紹介

ご家族のワンちゃん・ネコちゃんの眼は大丈夫ですか?
眼は年齢に関係なく様々な病気が見つかります。
生活の中で眼の症状を見逃してはいませんか?眼の病気は肉眼的に観察ができるものの初期の段階ではあまり大きな症状を示さない事があります。すると飼い主様が気付かないうちに病態が進行し、気付いた頃には治療が手遅れになってしまうケースもあります。

当院では各種眼科検査(涙液量検査・眼圧測定・細隙灯検査・眼底検査・眼超音波検査など)に対応し、一般外来および他の動物病院からの紹介も承っております。

こんな症状に注意!!
・眼をつぶって痛がっている
・眼の表面や中が濁っている
・白眼が赤く充血している
・目やにの量が増えてきた
・眼が飛び出しているように見える
・物にぶつかるようになってしまった

※愛犬・愛猫が今どのような眼の状態なのか知りたい方
→眼科スクリーニング検査も行ってます。詳しくはこちら

症例紹介

正常眼
  • 「左眼:前眼部」

    「左眼:前眼部」

  • 眼底(網膜・視神経など)

    「正常眼底(網膜・視神経など)」

初発白内障

「正常「瞳孔の中に見える結晶状のものが白内障」(網膜・視神経など)」

「瞳孔の中に見える結晶状のものが白内障」

未熟白内障

未熟白内障

「散瞳後の写真:中央に見える濁りが白内障」

成熟白内障

成熟白内障

「水晶体の濁りにより眼の奥が観察できず、水晶体内のY字縫合線が明瞭化」

過熟白内障

過熟白内障

「散瞳後の写真:白内障の進行に伴い内容物が融解・漏出し水晶体内が溶けてしまう」